建設業許認可専門 行政書士西内佳彦事務所|西宮・尼崎・阪神地区

建設業許可から資金調達まで、兵庫県西宮市及び尼崎市、芦屋市等阪神地域を中心に兵庫県、大阪府全域で対応いたします。

ホーム ≫ 建設業の区分 ≫

建設業許可の業種にはどのようなものがあるの?

建設業許可29業種

建設工事は、土木一式工事と建築一式工事の2つの一式工事のほか、27の専門工事の29の
種類に分類されます。
①土木工事業 ⑯ガラス工事業
②建築工事業 ⑰塗装工事業
③大工工事業 ⑱防水工事業
④左官工事業 ⑲内装仕上工事業
⑤とび・土工工事業 ⑳機械器具設置工事業
⑥石工事業 ㉑熱絶縁工事業
⑦屋根工事業 ㉒電気通信工事業
⑧電気工事業 ㉓造園工事業
⑨管工事業 ㉔さく井工事業
⑩タイル・れんが・ブロック工事業 ㉕建具工事業
⑪鋼構造物工事業 ㉖水道施設工事業
⑫鉄筋工事業 ㉗消防施設工事業
⑬舗装工事業 ㉘清掃施設工事業
⑭しゅんせつ工事業 ㉙解体工事業
⑮板金工事業  

建設業許可が必要な請負金額はいくらから?

設業を営業しようとする者は,「軽微な建設工事」のみを請け負う場合を除いて、建設業
許可が必要です。

「軽微な建設工事」とは、
①1件の請負金額が500万円(消費税及び地方消費税を含む)未満の工事

②建築一式工事の場合は1件の請負金額が1,500万円(消費税及び地方消費税を含む)未満
 の工事または請負代金の額にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事となり  
 ます。

以上の条件を超えて請負契約を結ぶと建設業法違反となり行為者には「3年以下の懲役又は300万円以下の罰金、法人の場合は1億円以下の罰金が用意されています。
 また昨今の金融機関では発注者である個人がローンを組む場合、建設業許可の取得有無
が確認され融資の判断材料となりえることにも注意が必要です。
 

土木一式工事、建築一式工事の許可があれば何でもできる?

一式工事の許可さえ取得していれば何でもできると思われがちですが、「一式工事」と「専門」工事とは全く別の業種であり詳しくは建設業法令遵守ハンドブック「ポイント編」に以下の通り記載されています。
一式工事について29建設工事の種類のうち、土木一式及び建築一式工事の2つの一式工事は
他の27の専門工事と異なり大規模又は施工内容が複雑な工事を原則として元請業者の立場として総合的にマネージメントする事業者向けの許可となっています。
 そのため一式工事の許可を受けた業者が他の専門工事を単独で請け負う場合は軽微な建設工事である場合を除き、その専門工事の許可を別途受けなければならないことに注意が必要です。
 そして、一式工事は工事全体を総合的にマネージメントを行うことにであり下請業者が元請業者から一式工事を請け負うことは「一括下請禁止」に反する可能性があります。
 

一般建設業と特定建設業の違いは?

建設業の許可は、下請契約の規模等により「一般建設業」と「特定建設業」とに区分されます。

一般建設業
①工事を下請に出さない場合
②工事を下請に出す場合、1件の工事代金が4,000万円未満(建築工事一式)の場合は6,000万円 
 未満)の場合のいずれか。 


特定建設業
発注者から直接工事を請負い下請けに合計4,000万円以上(建築一式では6,000万円以上)に出す場合。

ポイント
金額には消費税、地方消費税を含む
・2つ以上の工事を下請に出す場合、下請金額の合計
・発注者から直接工事を請負った(第1次下請業者)者のみが特定建設業の許可が必要で第2次下
 請業者以下は「特定」の許可を受ける必要はありません。
・同一業者で異なる業種の場合、「一般」「特定」の許可を受けること
 はができますが、同一の業種で「一般」「特定」の許可を受けるこは 
 できません。